就職アドバイザー
フリーター おすすめ就職サイト > 20代仕事探し > 本当に正社員として就職したい!

本当に正社員として就職したい!


今度こそ、本当に正社員として就職したい!

正社員として働きたい!と思いつつ、今まではつい楽なフリーター生活を続けてしまっていた・・・という方。

第二新卒として就活していたけれど、なかなか次の転職先が決まらなくてアルバイト生活に突入していた方。

大学を卒業時に就職せず、既卒でフリーターの方。

新卒で入社した会社がブラック企業・・・短期で退職、その後フリーターをしていた方。

公務員試験に挫折、28歳、29歳からの正社員就職。

大学中退後にフリーターを続けていた、という方。

次こそは、本当に正社員就職を目指して頑張りたい、とお考えになっている方の中には、色々な状況の方がいらっしゃると思います。

20代、30代。
様々な年代の方が就活をされていると思います。

20代はまだまだ今フリーターやニートであっても、正社員就職するチャンスを多く見つける事が可能です。

30代はしっかりと少ない応募可能な正社員求人を見つける事、場合によってはアルバイトや契約社員から正社員登用有りの求人を探すことも必要かも知れません。

起業するという手もあります。
(なかなか現実的では無い、という方も多いとは思いますが)

当サイトでは、特に20代のフリーター、第二新卒、既卒、ニートといった方向けに正社員就職するための就職活動について色々なケース別に情報を掲載しています。

フリーター向け就職サイト、就職支援サービスなども多数あります。

同時に第二新卒、既卒、ニートの方も利用可能な就職支援サービスが多いですから、本気で正社員就職を目指す方ほど、こうした就職サイトなどを活用してみて頂きたいと思っています。

色々ある、正社員になるための就職活動の方法

就職活動
正社員になるための就職活動の方法、色々とありますよね。

20代 フリーター 就職 成功率が高い就職支援サイト

の記事中でもご紹介をしているのですが、フリーターから正社員になる方法はいくつもあります。

・ハローワークを利用する
・アルバイト先で正社員登用される
・紹介予定派遣を利用する
・就職支援サイト、就職エージェントを利用する
・行政・自治体が行っている若者の就職支援を利用する
・ツテを頼る

など、他にも新聞の求人欄、フリーペーパー、もし気になる会社があれば、企業公式採用ページでも今は一年を通して中途採用の情報が掲載されている事が多いデスね。

こうして得られる正社員の中途採用情報を駆使して就職活動を行う事ももちろん可能です。

ですが、情報収集の手間が常に掛かりすぎるのが欠点です。

面倒な事を続けられる方は正直、少ないと思います。
(みなさん同じなので、大丈夫です)

そこで正社員になるためにオススメの就職活動の方法が、フリーター就職サイト、民間の就職支援サービスを活用するという方法です。

民間の就職支援サービスのメリット・デメリット

オススメ就職サイト
20代向けの行政・公共の就職支援も各自治体で多数実施されています。
しかし、利用する事で得られる情報量、サポートの手厚さはやはり民間の就職支援サービスの方が分があります。

フリーター就職サイト、民間の就職支援サービスを利用するメリット・デメリットについて、予備知識としてまとめてみます。

民間の就職支援サービスのメリット

民間の就職支援サービスを利用する事で、一人での就活では得られないメリットがたくさんあります。

・高卒OK、未経験OKの正社員求人ばかりが集まっている

未経験OK正社員求人だけを知る事が出来るのは、とても大きなメリットといえます。
中には一般の求人サイトなどには掲載していない、その就職支援だけを通して中途採用している企業も増えつつあるようですよ。

・担当者がついて就職成功のためのサポートをしてくれる(応募書類の書き方、面接対策など)

・今、やりたい仕事が見つかっていなくても相談可能

・求人情報に掲載されている以上に、会社・職場の詳しい情報を教えてもらえる

・面接日程など、代わりに調整してもらえる

・入社後のサポートがある就職支援サイトもあり

民間の就職支援サービスのデメリット

メリットも多いですが、当然、デメリットもあります。
どんなサービスでもそうですね。

デメリットを理解して活用する事が重要です。
それ以上のメリットがありますからね。

・紹介される求人は限定される

自分で数千件の求人から自由に選ぶ、という訳ではなく面談をして適性のあると思われる会社からの正社員求人が紹介されます。

・エージェントの能力、相性によって適性を誤る可能性がある

エージェントも万能ではありません。
あなたという人材の適性を必ず理解して、求人紹介を行ってくれる訳ではない事は理解しておくべきかと思います。

また、担当者との相性、合う・合わないも就職活動を進めていく際には重要になりますね。

・就職成功がエージェントにとって売上げを上げる方法、そのため就職を妙に進められる可能性も

・自分のペースで就職活動が出来ない事も

就職サイト、就職支援サービスを活用する場合には、こうしたデメリットなども考えられます。

仕組み、メリット・デメリットをしっかりと理解した上で活用する事が大切ですね。

本気で正社員就職を目指す方にとっては、メリットの方が大きいと思います。

それでも民間の就職支援サービスがオススメの理由

就職支援サイトを利用して就活
こうしたフリーター就職サイト、民間の就職支援サービスはしっかりとメリット・デメリットを理解して活用すると、就職に向けての大きな力となります。

求職者の方にとっては、就職活動の負担が軽くなります。

キャリア面談などは必要ですが、代わりに正社員求人を探してくれて、その会社の詳細も情報提供してくれます。

今は書類選考無しの就職支援も多いですからね。

書類選考がある場合でも、しっかりと履歴書・職歴経歴書の書き方もサポートしてくれますし、面接対策もバッチリ行えます。

面接の日程調整、入社時の待遇交渉、入社後のサポートまである場合も。

本気で活用する事で、かなり手厚いサポートを受ける事が出来ます。

特に無職やフリーター生活が長くなればなるほど、正社員として就職するのが難しくなってきますからね。

自力での就職活動では無理、といった状況にある方でも、こうした就職支援サービスを利用して正社員求人を探す事で、逆転出来る可能性(内定をもらえる)があります。

民間の就職支援サービス、転職エージェントなども同様ですが、しっかりと仕組み、メリット・デメリットを理解されての活用が重要といえます。

こうした就職支援サイトについては、

高卒者可、フリーター就職支援サイト

就職成功率が高い!フリーター就職サイト、就職支援サービス

といった記事中で詳しく、ご紹介をさせて頂いています。

合わせてご覧になってみてください。




キーワード