正社員になる
フリーター おすすめ就職サイト > 20代仕事探し > 【2ヶ月 短期退職】短い職歴は書かなくても良い?

短い職歴 書かなくても良い?


短い職歴がある。書きたくないけれど・・・書かなくても良い?

新卒で入社した会社を1ヶ月、2ヶ月といった短期間で退職してしまったり、フリーターからやっと正社員就職できた会社を早期退職してしまったり。

次の就職先を探すにあたって、履歴書などに短い職歴を書きたくないな・・・という場合。

結論から書きますと「職歴」が例え短くても、書いた方が良いです。

就職活動の際に「短い職歴」を上手く隠して入社出来たとしても、履歴書は会社にそのまま保管します。

自分でうっかりボロが出てバレてしまうこともあるでしょうし、人事や他のあなたを知っている社員が、他から話を聞いて職歴がバレることもあります。

いつどんな形で職歴詐称がバレるか、分かりません。

それが、せっかく仕事にも慣れて実績を出し始めている頃であれば・・・

会社によっては厳格に処分(要はクビ)される事もあり得ます。
どんな処分が下されるかについては、会社、社長の考え方ですから予想がつきません。

短い職歴を上手く隠して就職が成功したとしても、いつバレるか・・・と不安を抱えつつ働くのは、精神衛生上も良くないですよね。

職歴は全部書いた方が良いです

履歴書の書き方
何らかの理由により、短期で退職をしてしまった場合。

例えば1ヶ月の職歴、正直、書きたくないですよね・・・
でもやっぱり、先ほどもありましたが正直に書いた方が良いです。

確かに「短い職歴」は就職活動に不利です。

しかし、事実としてあるわけですから、しっかりと伝えてその上で内定をくれる会社に就職を目指す方が良いです。

採用をしてくれる会社は、きっとあります。

面接官や社長、役員の方も本当に色々な方がいて、そうして仕事に挫折(と言って良いか分かりませんが・・・)をした若手を好んで採用する人もいるんです。

次こそ頑張ってくれる。

なかなか就職先が決まらない人は、そうした自分に合った会社に出会えていないだけ、という可能性もありますね。

それに、短い職歴を書かない場合、「その無かったことにしたい期間は空白期間」となってしまいます。

とても、不自然です。

面接官は必ずこの空白期間を突っ込んできます。

退職後、この空白期間は何をしていましたか?

資格の勉強をしていた、家事手伝い、アルバイト、就職活動、色々なウソをついて逃げることは出来ます。

しかしここでもウソをついてしまうと、その後ずっと、ウソを積み重ねていく事になってしまいます。

短い期間で退職した理由を素直に話す、その上で仕事へのやる気を伝える

面接
短期間で仕事を辞めた事は事実として、「なぜ退職したか」という退職理由をしっかりと説明して、仕事へのやる気、志望動機を伝える方法が一番です。

人の本音の言葉には、やはり説得力があります。
それに、短期退職をして次こそは頑張りたい!と本当に思っている方も多いでしょう。

そうした事を素直に話す事は、面接官に響くことが多いんです。

もちろん、前の会社の悪口を素直に言ってはいけません。
退職する事になった理由には、自分にも非がある事も多いですからね。

どちらか一方を悪くいうのでは無く、どちらにも悪い所があり、その上で冷静に話す方が聞く方としても受け入れやすいですね。

多くの求職者を面接している面接官は、ウソに敏感な方が多いです。

であれば、素直に誠実に話をして、その上で志望動機などを話して判断して貰う。
その方が一次面接を通過して二次面接に進める可能性があるかもしれません。

20代の中途採用、未経験者の採用では特に重視するポイントとして、

素直さ酢お」

を挙げる経営者、面接担当者は多いですよ。

短い職歴であっても、就職する事は可能です

オススメ就職支援サイト
とはいえ短い職歴は不利になることもあります。

面接官次第、といった事もありますし会社の方針として、経験をしっかり積んでいる人材のみを中途採用したい、といった場合もありますからね。

自力での就職活動の場合には特に、そうした企業に応募してしまう事も多いと思います。

短期で辞めた経歴のある方の就職活動の場合、第二新卒などにあたる方も多いと思います、20代の方が多いでしょう。

その場合、

DYM就職

ハタラクティブ

ジェイック(JAIC)

就職Shop

など、フリーター、既卒、第二新卒の就職支援に多くの実績を持つ就職エージェントの活用が良いです。

短期退職の方の再就職にも多くの実績があります。

同じような方の就職サポートの事例などもあるでしょうから、参考にしつつ就職活動を進めてもいきやすいでしょう。

短い職歴をどうやって書いたら良いか、といった事も相談する事が出来ます。

悩む事が多い志望動機の作成、面接対策についてもしっかりアドバイスをしてもらう事が出来ますから、職歴が短い方にこそ、こうした就職支援サイトを活用してみて頂きたいなと思います。




キーワード