人手不足の業界への就職を狙う
フリーター おすすめ就職サイト > 就職活動の仕方 > 人手不足の業界への就職はしやすい?

人手不足の業界への就職はしやすい?


人手不足の業界への就職

職歴なし・社会人経験なしフリーター、仕事に就きやすい業界を狙うのがオススメ?

フリーターから正社員就職を目指して就職活動をしていると、就活で上手くいくことばかりでは無いですよね。

書類選考もなかなか通らない。職歴なし・社会人経験なしのフリーターだから就職は無理なのかも・・・

と気持ちが落ち込む事もあるかもしれません。

その場合、就職活動のやり方を変えてみたり、求人の探し方を変えてみたり。
就活の仕方に変化が必要かもしれません。

また、就職を狙うには勝ち目(内定しやすい)のある業界を狙う事も重要なポイントです。

求職者が多くあつまるような人気の業界・職種があります。
その一方で人手不足で新卒採用、中途採用にも困っている企業も多いです。

採用されやすいのは、どう考えても人手不足で困っている企業が多い業界・職種です。

例え職歴なし・社会人経験なしフリーターや既卒の方でも、しっかり志望動機を伝え自己アピールをすることで正社員として採用されやすいでしょう。

フリーターか正社員就職を目指すのであれば、特に、

早く仕事に就きたい事情のある方

28歳、29歳といった30歳を前にしたフリーターの方

は正社員就職しやすいであろう人手不足の業界・職種を狙う方法も検討してみてください。

人気の無い業界、離職する人が多い業界かと思えば、意外と経営が安定していて定着率が高い優良企業、ホワイト企業が見つかる可能性もあります。

偏った目線で見るのでは無く、正社員就職を目指すのであればまずは広く情報収集をしてみる事も重要です。

人手不足の業界

経済産業省 求人意欲の「高い」業種の雇用者数の構成比

より参考にしてみると、

・医療福祉
・小売業
・建設業
・サービス業
・宿泊業、飲食サービス業
・建設業、郵便業

などが求人意欲が高い業種とされます。

また、リクルートワークス研究所の「大卒求人倍率調査」によると、大卒求人倍率1.88倍。

倍率7年連続上昇だそうです。

38.1万人未充足(要は人手不足)、中小企業は過去最高の9.91倍となり、採用難が加速とあります。

資料を見ていくと、ダントツで「建設業・製造業」「流通業」の人手不足が顕著になっています。

こうした業種別求人倍率などを調べて、就職しやすい業界・職種を探していく方法も、職歴なし・社会人経験なしフリーターからの正社員就職にはとても有効です。

情報収集をする時間をしっかり取って、業界研究や企業研究をしてみる事をオススメします。

意外と、面白そうな仕事をしている企業、経営が安定していて働きやすい定着率の高い企業なども隠れています。

そうした一般的には知名度が低い、隠れ優良企業を探してみるのも良いですね。

業界・職種の詳しい情報を、就職支援サービスを利用して得る

とはいっても、

「就職活動がはじめて。就活の仕方がよく分からない・・・」

「何から調べたら良いの?」

といったフリーターの方もいると思います。

今まで正社員として仕事に就いた事がないので、どんな事を重視して職場選びをしたら良いかの基準が分からない。

そうした方は多いのではないでしょうか。

就職について情報収集をする場合、働き方のイメージが難しいのでしたら就職支援サービスを利用する方法がオススメです。

就職支援サービスを活用する事で、業界・職種ごとの詳しい働き方、それぞれの具体的な求人についての情報を教えてもらう事が出来ます。

業界の平均的な給与・年収、働き方、残業や忙しさ、キャリアアップについてなど、仕事探しで気になる事を色々と教えてもらえるサービスです。

特にやりたい仕事が見つかっていないけれど・・・といった方も面談やキャリアカウンセリングを受けながら、その中で向いている仕事、適性のある仕事を探していく事が出来ます。

就職支援サービスはまた企業へも直接足を運び、取材を行っています。

ネットでは得られない独自の情報をたくさん保有していますから、あなたの就職活動に大きな助けとなるはずです。

ブラック企業への就職は避けたい、といったフリーターの方の就活にもオススメです。

あなたが一人で就職活動をするよりも、はるかに効率良く就職先探しのための情報収集をする事が出来ます。

⇒ 20代フリーター向け 未経験OK正社員求人が多い就職サイト

人手不足の業界、就職しやすい業界の優良企業を探してみてはいかがでしょうか。
人手不足で倒産する企業も実は今、多いんです。

経営の安定性は重視すべきですが、人手不足の会社への就職を目指す事で内定率が高い就活をする事が出来ます。

もちろん、仕事内容にも興味があることは大切ですよ。
全然興味が無い仕事に就いてしまっては、早期離職してしまいますよ。

そのためにも、就職支援サービスが持つ情報量を上手く活用してみてはと思います。




キーワード