就職活動、成功のポイント
フリーターから正社員 オススメ就職サイト > フリーター悩み > 正社員 仕事が決まらない人の特徴

正社員 仕事が決まらない人の特徴


正社員として就職したいのに、仕事が決まらない・・・

正社員として就職したい、と就職活動を頑張っているのに仕事がなかなか決まらない・・・。

そうした状況に陥ってしまっているフリーターや第二新卒、既卒の方も多いのではと思います。

最初は仕事探しのモチベーションが維持出来ても、不採用が続くとさすがに辛くなってきますよね。

「もしかしたら、どこの会社からも内定が出ないまま・・・就職は無理なのかも」

と不安に思ったり、焦りを感じたりしてしまう瞬間もあるでしょう。

しかし、周りで不採用の連続から正社員就職に成功したフリーターや、転職エージェントから聞いた話から考えてみると、正社員の仕事が決まらない人にはある程度、共通する特徴があるといえそうです。

もし、ご自身の就職活動を振り返ってみて、当てはまると思う部分があるようでしたら気をつけつつ再び、正社員を目指して就職活動をされてみてはと思います。

正社員の仕事が決まらない人の特徴

就職活動
当サイトは主にフリーターからの正社員就職を目指す方向けに掲載していますが、正社員の仕事が決まらない方には共通する特徴が見えてきます。

志望動機が曖昧

就職活動において重要なのは、志望動機です。

面接でも必ず聞かれる質問ですよね。
志望動機をしっかりと話す事が出来る、ということは必須です。

なぜ今回こちらの会社の求人へ応募したのか、採用された場合どういった仕事をしていきたいのか、どういった人生を送っていきたいのか、といった事も含めて話が出来ると良いですよね。

面接官を納得させられるような志望動機を作らなければなりません。

そのために自己分析をしっかりと行って、自分のやりたい仕事、興味のある仕事などを見つける事が必要です。

とにかく、どこの会社でも良いから就職したい、といった事では志望動機も曖昧になりやすいですし中途採用されるのは難しいと言わざるを得ないでしょう。

また、志望動機が他の会社にも当てはまるような使い回しが出来そうな内容も避けたいところです。

そのためには、求人先の会社についてしっかり時間をとって情報収集、業務について勉強する事も必要ですね。

身だしなみが、だらしない

実は面接の際、第一印象をとても大切にしている採用担当者は多いです。

特に、役員クラス、社長などは基本的に、第一印象でほぼ採用・不採用を決める、という方も少なくありません。

そうしたケースが多いにもかかわらず、身だしなみに気を配っていないのは、とても勿体ないですよね。

見た目がとても重要です。
現実問題として見た目で判断される事は、多いですよね。

あなたも初対面の方の見た目は、とても重視するのではないでしょうか?

逆の立場に立った場合を考えると、身だしなみをしっかりとする事は、就職活動においては当たり前の事といえます。

もちろん画一的では無く、就職を希望する業界に合わせて服装、髪型、カバンなども考慮する必要はあります。

仕事を選びすぎてしまう、仕事への理想が高い

時折ですが、仕事を選びすぎてしまう、仕事への理想が高い方がいらっしゃいます。

客観的に見て、まずは正社員として働いて経験を積むのが先では?と思う事もありますが、

「もっと自分に合った会社、仕事をもう少し探してみたい」

「もっと給料が高い会社が良い」

「この仕事内容は自分には合わないし、それにもっと年間休日が多い会社を選びたい」

といったような事で、なかなか就職先が決まらない方もいるのです。

理想を高く持つのは良いのですが、現実的に条件を考える必要があります。

特に、職歴無し、社会人未経験、フリーターからの正社員就職といった場合には、正直な所、会社を選びすぎてしまうと仕事が見つからないまま年月が過ぎてしまうことも考えられます。

まず飛び込んでみる、といった事も時には必要といえるかもしれません。

面接準備が不足している

正社員就職を目指しての就職活動では、やはり最大の難関は面接です。

面接対策をしっかりと行う事は、とても重要なのですが・・・仕事が決まらない人の特徴として、面接準備が不足している事も挙げられます。

自分的には、面接対策はしっかり行っているつもりではあっても、面接時の質問に答えられない事が多かったり、話の軸がぶれてしまったり、会社の事についてよく分かっていなかったり、など準備不足である場合も。

面接準備はいくらしても足りない、という事で時間を取り準備をして臨む方もいるのです。
比較すると、やはり面接での受け答えに差が出てきてしまいます。

しっかりと企業研究をし、面接対策をする事も正社員としての仕事を決めるためには、とても重要なポイントとなります。

応募書類を使い回している

時折ですが、応募書類(履歴書、職務経歴書)を使い回している方もいます。

企業の採用担当者はこの応募書類が、自社のためにしっかりと作られたものか、使い回しているものかどうかは一目で分かります。

志望動機にしても、自己PR欄にしても、応募する企業毎にしっかりと作成する事が必要です。
稀にですが、読んでいて自社の業務と何かずれている志望動機を書いてきた方も過去にいました。

応募書類はしっかりと、応募する企業毎に書く事が大切といえます。

今までと同じ就職活動ではダメ、就活の方法を変えてみる

女性フリーター向け就職サイト
正社員の仕事が決まらない人の特徴として、主なものを上記に挙げてみました。

もしかしたら、当てはまるかも・・・といった部分があるようでしたら、少し注意をしながら次の就職活動へ向かってみてはと思います。

不採用が続いているし、そろそろ就職活動の仕方を少し変えてみようかな・・・という方もいらっしゃるかもしれません。

もし、今ままでの就職活動がハローワークや直接応募た中心であったのあれば、転職エージェントや就職支援サイトを活用されてみる方法もオススメです。

第二新卒や30代なども含めて、キャリアのある方の転職活動には、

DODA

リクルートエージェント

などの転職エージェントが求人数も非常に多いですし、転職支援のプロからのアドバイスなども受けられますのでオススメです。

フリーターや既卒、短期で退職してしまった第二新卒、といった方は、

DYM就職

ハタラクティブ

ジェイック(JAIC)

などのフリーター就職サイト、就職支援の活用がオススメです。

情報収集の利用も無料です。

就職成功率が高い就職支援サイトとなりますので、正社員の仕事探しにもオススメです。




キーワード