給料の計算
フリーターから正社員 オススメ就職サイト > フリーター悩み > 正社員よりアルバイトの方が高収入を稼げる!こともあるけれど

正社員よりバイトの方が高収入


アルバイトの方が稼げるし、時間も自由になって良い!?

アルバイトは正社員よりも収入が低い、時給だからそんなに稼げないのでは?

というイメージを持っている人も多いと思います。

アルバイトの平均月収は約10万円。

正社員の初任給は会社にもよりますが、

大卒の初任給の平均は約20万。

高卒で約16万円、だそうです。

(20代就職支援のハタラクティブ掲載記事より)

でも、正社員で働くと自由が利かなくなるのでは・・・残業も多そうだし。

確かに、フリーターでアルバイトを頑張っても月収20万を超える事は可能です。
ダブルワークで仕事を一つ増やせば、月収20万はいけそう、という人も多いかもしれませんね。

今だと東京都で人手不足のエリアで探すと、時給1,400円とかありますしね。
都内では中央区がアルバイトの平均時給が高いそうですよ。

他には、港区、新宿区、渋谷区、目黒区、文京区、品川区などの地域に高時給のアルバイトが集中しているそうです。

上記の初任給はあくまでも平均で、会社によっては初任給13万円とか、地方に行くと増えますからね。

そうなると、地元では正社員就職するよりも今はフリーターでアルバイトを頑張った方が高収入!と言った事も多いです。

アルバイト掛け持ちで月収20万、よりも正社員就職の方が良い?

フリーターの悩み
確かに18歳、20歳といったように若い頃は正社員で働くよりも、フリーターでアルバイトを頑張った方が高い月収を得られることはあります。

正社員よりもアルバイトの方が稼いでる、というパターンですよね。

高校卒業したてで友達と集まったとき、正社員就職した人よりも、アルバイトの友達の方が収入が高くて羽振りが良い、といった事もあるかと思います。

しかし、アルバイトを続けていく事の問題点もあります。

若い頃はアルバイトも見つけやすいし、もっと高時給で好条件の仕事があれば移りやすいので、気にならないのですけれどね。

フリーターとしてアルバイトを続ける問題点

収入が上がりにくい

フリーターとして頑張れば月収20万はいけます。
高時給のアルバイトを上手く選ぶ事が出来れば、実現可能な月収です。

しかし長く働く事を考えると、一番の大きな問題は、

収入が上がりにくい

事です。

同じバイト先で働く場合、基本的には時給は変わらないでしょう。
時給アップしても20円とか、高くても50円とかでは。

これでは大きく収入を上げるのは無理ですよね。

正社員で働く場合、勤続年数によって給料が上がっていくケースが通常です。

20代半ばくらいで、フリーターと正社員の給料は逆転する場合が多いのではないでしょうか。

フリーターはボーナスが無いのが普通ですが、正社員はボーナスがありますよね。
これも大きいと言えます。

ちなみに、フリーターと正社員の生涯賃金の差は2億円以上、と言われています。

30歳を越えてフリーター、時給850円で働く自分を想像してみると、なんか焦りませんか?

フリーターを長く続けていることで、正社員就職しにくくなるというリスクもあります。

フリーターを長く続けると、正社員就職が難しくなる

フリーター歴も長くなると、就職活動が厳しくなるんです。

フリーター歴5年、と言う事は5歳年を取っていることでもあります。
大卒フリーターであれば、27歳か28歳でしょう。

30歳を目の前にして、正社員就職に対しての焦りも強いかもしれません。

未経験OKの求人ですが、27歳、29歳を区切りとして求人数が減ってくるんですね

フリーター生活が長くなると、正社員就職をしにくくなってしまいます。

病気になったとき、収入が一気に途絶える可能性

フリーターは病気になった場合、長期で療養が必要な場合には基本的には仕事を辞める事になります。

治るのを待ってくれるアルバイト先はほとんど無いでしょう。
そこまであなたに義理はありません。

シフトを埋めるために、違うアルバイトを早く採用しなければなりませんしね。
新人を採用したら、あなたが戻るシフトは無くなります。

正社員の場合には、ある程度の期間は待ってくれる場合が普通です。
有給も駆使して、出来るだけ経済的な負担が少なくて済むように配慮もしてくれるでしょう。

時給で稼ぐフリーターは、休んだら収入が途絶えてしまいます。

老後の心配

就職の悩み
フリーターでずっと40歳、50歳といく人は少ないとは思うのですが(いないわけではありません・・・)、老後も心配です。

会社勤めをしていると厚生年金に加入していますから、老後も一応はお金の不安は少なくて済みます。

しかし、フリーターの場合には社会保険に加入していないケースもあるかもしれません。

途中から慌てて国民年金に加入しても、支給額は少ないですからね。
60歳を越えても、生活費の補填のためにアルバイトを探す日々、というのは厳しいものがあります。

色々な事を考えても、フリーターを長く続ける事はリスクが大きいと言えるでしょう。

「そのうち正社員になる事は考えているよ」

というフリーターの人は、「そのうち」を「今」に変える事も考えてみてはと思います。

正社員就職を目指すには、少しでも若い間が有利ですからね。

「特にやりたい仕事が今無いし・・・」

といった場合でも、キャリアカウンセラーなどと相談しながら適職を探していく事も出来ます。




キーワード